本文へ移動

巻芯 パーティション(間仕切り)

設置例:応接室のパーティション in弊社本社

弊社では応接室を囲むパーティションを紙管で作成しています。
紙管の間隔を数センチ空け、テーブルとソファを丸く囲むように配置。
立ち上がった時に目線を隠すぐらいの長さ(高さ)で、
紙管一本一本変化を付け、全体が緩やかに波打つよう長さをカットしました。

現在は、蔓を紙管に巻き付けています。
春は桜のモチーフ。夏は七夕飾り。秋はハロウィンのかぼちゃ。冬はクリスマスのオーナメントを
飾ったり・・・と季節ごとに楽しんでいます。


巻芯の間隔、高さの工夫で圧迫感もなく、かつ程よくパーティションの役割を果たしており
お客様にもご好評を頂いております。

ポイント

巻芯の配置、間隔、長さで、他とは一味違うオリジナルパーティションが作成できます。

  • エコ感
 紙管は段ボール古紙を使った紙から製筒しており、地球にやさしいのが特徴です。
 紙管の質感は温かみがあり 素朴な雰囲気で、エコの観点からも優れております。

  • コスト
 通常のパーティションと違い、天井に手を加えないので賃貸の場合に退去時の原状復帰コストが
 ほぼゼロで済みます。
 一般のパーティションの10分の1のコストで、しかも業者に頼らずお客様自身で施工ができます。

  • 自由度
 通常のパーティションは直線の組み合わせですが、巻芯パーティションでは曲線的な間取りなど
 自在なレイアウトに加え施工後の変更も可能です。


ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お近くにお寄りの際はぜひ、巻芯パーティションの応接室へ!
TOPへ戻る